2014年4月22日火曜日

耳コピの話

今度は一周回ってDTMのターン…ということでDTMの中でも耳コピの話をしようか。

私自身、DTMを始めたばかりの時は耳コピによって既存曲から学ぶことは多くありました。
例えば、ドラムのリズムパターンであったり、ベースの動きであったり…。

耳コピメインにやっている人には到底かなわないですが、私流の適当な耳コピのやり方を書いて行こうと思います。

準備
  • 原曲
    耳コピをしたい曲を用意してください。聞きとるために何回も繰り返して聞くことになるので、それなりに気に入っている曲じゃないと、つらくなってくるかもしれないので注意です。
  • 再生ソフト
    それなりに聞きとれる、絶対音感があるぜイェーイって人以外は、音程を変えずに再生速度が変えられる、イコライザー機能が付いているものが良いです。私のお勧めは、前回紹介したAudacityです。
  • MIDI編集ソフト
    絶対音感が(ryって人、もしくは、何らかの音程のとれる楽器をもっていて楽譜に直接書くつもりの人以外は、必要なものだと思います。音を確認するためとMIDIファイルを書くために使います。私のお勧めは、こちらも前回紹介したDominoです。
手順
  1. テンポ(BPM)を調べる。
    曲のテンポを調べます。私は良くここの測定器を使わせて頂いています。
    人力テンポ測定器:http://www.geocities.jp/project_x_gundam/vocaloid/bpm.html
  2. 拍子を調べる。
    JPOPなんかでは大体が4拍子だと思いますが、時々3拍子に変わったり2拍の一小節を挟んでくる曲もありますね。
  3. メインの旋律を聞き取る。
    ここからが、耳コピの本番です。まずは聞き取りやすいメロディ部分を聞き取っていきます。ボーカルが入る場合はボーカルの音を、入らない場合は一番目立つ音(ギターソロなど)を取っていきます。聞き取る際は、MIDI編集ソフト上の音やお手持ちの楽器の音と比べていくと、やりやすいかと思います。早くて聞き取れないって時は、再生速度を変えましょう。
  4. 打楽器を聞き取る。
    メインの旋律の音は分かるけど、リズムが分からないってときに打楽器の聞き取りを並行して行うと、分かりやすくなると思います。基本的にはドラムになると思います。
  5. ベース(低音)を聞き取る。
    フットドラムの音が聞き取りづらい時にも使える手段ですが、イコライザーで低音の音量を上げると聞き取りやすいです。周波数としては、200Hz以下くらいです。低音の音量を上げると音が割れてしまう場合は、逆に高音部分の音量を下げると同じ効果が得られます。
  6. 和音を聞き取る。
    ここが一番の難関です。メインの旋律とベースの音から調を特定し、それらから和音を予測していきます。調によって使われる和音は限定されていくので、いきなり和音を聞き取るよりは簡単になると思われます。
  7. その他
    ここまでで聞き取っていないパート、飾りの音などを拾っていきます。ボーカルのある曲ではサビ部分などにハモリのコーラスパートがある場合が多いと思いますので、和音から予測してつけ足していきます。
  8. 仕上げ
    MIDIファイルとして作り、ゆくゆくはWAVEやMP3にしたいって場合は、音量バランス(volume, expression, velocity)やステレオ(panpot)のバランスを整えるだけでもそれなりになると思います。
以上が、私の耳コピのやり方です。参考になったなら嬉しいです。

では、またの機会に。

0 件のコメント:

コメントを投稿